小規模多機能居宅介護

通い・短期宿泊・職員訪問で日常生活を支援

小規模多機能居宅介護

高齢者ができるだけ自立した日常生活が送れるよう、アットホームな環境の中、地域住民とのコミュニケーションも図りながら必要な支援、機能訓練などを行う施設。通所を中心に短期間の宿泊、利用者自宅へのスタッフ訪問を組み合わせて生活のサポートを行います。

要介護認定 要支援1以上、要介護1以上の認定を受けた方が対象となります。
費用

原則としてかかった費用の1割(一定以上の所得がある方は2割)を利用者が負担します。施設に入所(ショートステイを含む)した場合は1割もしくは2割の自己負担のほかに、食費・居住費・日常生活費などが自己負担になります。

該当の施設 昭和郷小規模多機能居宅介護センター

サービス利用までの流れ

  1. 相談・手続き

    利用を希望する施設に相談・申込み手続きを実施。

  2. 面接

    所属のケアマネージャーがケアプランを作成。施設スタッフなどが介護の必要状態、利用サービスなどを総合的に判断。

  3. 利用開始

    通所・短期宿泊・スタッフ訪問を組み合わせて利用。